丸みのあるものを作る時の型紙の作り方

ライオンボード、リアらボード、コスプレボード、PH9と色々な名称がありますが
こういう厚みのある板のもので曲面があるものを作る場合の型紙がよくわからない、という質問をいただいたので今回は簡単に型紙の起こし方です。
肩のアーマーや鎧の胸部分のカーブ、マスクなんかに使えると思います。

例えばこういうやつ↓

めちゃくちゃ急ぎで作ったので合皮の端処理とかできてませんがががが
自分用にFF零式のクイーン用の肩のアーマーを作った時のものです。
こういうカーブのあるものを作る時、熱加工だけでは曲げれなかったり
もっとカーブがきついもの、半円のものの場合はダーツを入れるとすごく楽になります。

★必要なもの
・工作用紙、もしくは厚紙
コピー用紙だと薄すぎるのでカレンダーぐらいの厚みのある厚紙が便利です。
工作用紙でも特に問題ないので、手元にある場合は工作用紙でOK!

・布ガムテープ
何回も切って貼ってを繰り返すので、重ねて貼れて手でちぎれる布ガムテープが確実で便利です


では実際、型紙の起こし方です。
画像ではコピー用紙を使ってますが、薄いのでやはりやりにくかったです・・・
わかりやすいように切り込みを入れた部分の貼り合わせは黄色いテープで留めてます。

ただの平面ですが、適当に切り込みを入れます


カッターで適当に2ヶ所切り込みを入れて、テープで留めました。

これだけで平面が立体になります。
ということで、ひたすら理想の形になるまでこれを続けます。
サイズがシビアなものは体にあてながら確認しつつやってみてください。
こればかりは一度やってみないと分からないと思いますが・・・

切り込み入れて貼って、切り込み入れて貼って・・・


だいぶん丸くなってきたかな?

もうちょっと丸くしたい場合はさらに切り込みを入れます。
貼り合わせてる場所も容赦なく切り込み入れてまたテープを貼っての繰り返しで・・・



だいたいこんなもんかなーぐらいまででひっくり返すとこうなっていた

案外丸っこくなっている!
画像だとわかりにくいですが、お椀ぐらいの丸みです。
本当はもうちょっと細かく切って貼って尖ってる部分を無くすというのを繰り返すべきなんですが
今回はあくまでも型紙の作り方の例なのでちょっと甘いですがここで終了。

ちなみに裏から見た図

何ヶ所切ったかわかんないですが、カッターでざくっとやって貼るの繰り返しだけで立体ができた!
型紙の時点ではできるだけ完成形に近い理想の状態にしておいてください。
気に入らなかったら切り込みを入れて尖っている部分を無くすのをひたすら繰り返します。
これが型紙の元になるので、できる限り理想の形にしてください。
でないとせっかく型紙を起こした意味がなくなってしまいます・・・!

こうやって何度も切り込み入れて貼ってを繰り返すので、コピー用紙だと薄すぎてやりにくいんです。
工作用紙や画用紙ぐらいのほうが形も分かりやすいですよー!

理想の形になたら、この立体になったものを切り開いて再度平面にします。

ざっくりですが、今回はとりあえず4ヶ所に切り込みを入れて平面にしました。
ちょっと一部平面になってないところありますが、あくまでも例としてなのでお許しを(2回目)
これで型紙が完成!
ちなみに切り込みの部分はライオンボードなどで立体にする時にボンドで接着する部分です。

この平面になったものを、工作用紙に再度写して切り抜き、ライオンボードに移します。
ボンドを塗る前に、あらかじめちょっと熱を加えて曲げておくとカーブが綺麗に出ます。
ボンド使う前ならライターやチャッカマンなど火で熱を加えても大丈夫ですがボンドを塗った後は絶対に火気厳禁です!
G10ボンド、G17ボンドは引火性がありますし、他のボンドでも火気厳禁のものは多いです。
もしボンド接着後に熱を加えたい場合は、冬場ならハロゲンヒーターなど電気のものを使ってください。
本当に、燃え移ります。
そのまま火柱が上がるかもしれません
そして近くにあるものに引火したら・・・と想像するだけで恐ろしいので、火を使った熱加工はボンドを使う前!!
引火したらもちろんですが切り出したパーツもだめになるので本当に気をつけてください。

そこまで曲面じゃないけど、という場合でもこの切り込みを入れるという方法、かなり使えます
加賀さんの胸当てですが、おっぱいあるように見えるようにするためにダーツを一ヶ所入れて丸みを出してます。
熱で加工もしてますが、ダーツ入れたほうがしっかり曲がるので笑
そういうちょっとした体型補正にも使えるので、色々試してみてください^^

質問はコメント欄からお気軽にどうぞ!

使用材料例

いきなり完成品載せるのもなーと思いましたが、最初ってどこを何で作っていいのかわからない場合が多いと思うので、参考になればということで、今回自分用に作ったものの材料ばばーん!と公開します。

ひとつ前の記事と画像同じですが、グラブルのリリィの杖です。


★使用材料
・PH9 5ミリ、3ミリ
ライオンボード、リアラボード、コスプレボードなど色々ありますがPH9でなくてもいけます。
ただPH9は固いので尖った形状のものでかちっと作りたい時に向いてます。
が、いわゆるライオンボードに比べると単価が高いのと、G10ボンドでしか接着できない、ボンド結構吸いこみます。
斜めカットしやすいウレタンっていうのがいわゆるPH9で、ライオンボードがもうちょっと硬くなったようなやつ

・塩ビパイプ
分割もしやすい、軽いので。あとステンレスのパイプも芯で2カ所通してます。

・ゴールドの合皮
ファンタジー!なので今回きんぴか使ってます。
Lab.syの過去の製作物だと艦これ金剛型のヘッドセットに使ってるものと同じです。
3000円/mぐらいでメーター販売しかしてないのでちょっとしか使わない場合は他のゴールドでもいいと思います。

・シルバーの合皮
今回塗装はクリアブルーメインなので、色ノリしやすいシルバー貼りました。
結果的にとても良かった!塗装するならシルバーあると本当にすごく便利です。

・水色のバラの造花
1つ600円ぐらいのやつを3つ。衣装につけるのは塗装し忘れました笑
造花に後で着色する時はできるだけやっぱ薄い色のほうが綺麗だと思います。

・ポリエステルパテ
色んな種類ありますが、お気に入りはコレ

エポキシパテに比べて硬化めちゃくちゃ早いです。1時間あれば硬化してるので急いでる人は特にいいかと。
ただ硬化が早いので形成する時間があんまりないのと、生クリームみたいな感じなので
とりあえず盛ってあとから削って形成するっていう感じのもの。あとにおいがなかなかキツい。

長くなったけど以下、図説。



衣装側に固定はグルーガン使ってます。
頭の飾りについてる造花とトゲトゲもグルーガン。
こういう時には便利なのだ、グルーガン・・・
あと、今回は熱加工ほとんどしなかった・・・というかどこもしなかったかもしれない・・・・



こんな感じで全部作りました。
本当に作ったことない場合、最初ってどこに何を使っていいのかわからないと思うんですが

軽く仕上げたいところ→ウレタン(PH9、リアラボード、コスプレボード、ライオンボードとかそういう名前のやつ)
尖ってるけど刺さらない、折れないようにしたいところ→ウレタン
武器の持ち手とか長い棒部分→塩ビパイプ(太さの種類多いので楽)
ウレタンでは形成しにくい形のもの→エポキシパテ、ポリエステルパテ


私はこれを目安に材料選んでます。
例えばですが、後ろのベルトのチェーンみたいなところは軽くして浮かせたかったけど、パーツ数ものすごい多かったので、これはキャストで抜くほうがいいのでは・・・
と思ったんですが、軽くしたいしなー針金通したいしなーきんぴかの同じ合皮貼りたいしなーってことでPH9選びました。
中にはこれでもかというほどに細かいウレタン詰まってるので形崩れも踏みつけない限り大丈夫。
実際上から座って思いっきり体重かけちゃったけど何もありませんでした。
んでもし変形しちゃってもカッターで切り開いて同じパーツまた作ればいいので。
あと後ろなのでもたれたり座った時に割れない、尖ってるので人にぶつけた時のことを考えると柔らかい素材のほうがいいというのもあります。

私が製作する上で一番気にしてるのは、強度と安全面です。
いくら強度があっても尖ってる部分がもし誰かに刺さったりしたら大変なので、そういう部分はとにかく柔らかい素材で作って人やものにぶつけた時に製作物が負けるように、が大前提にあります。
これ本当に大事なことだと思うんですが、ツイッターでRTで回ってきたりするもので針金むき出しの方とか、イベントで使うの大丈夫なの・・・?と少し心配に。
自分が怪我するのは自損事故でいいですが他人に怪我させてしまったら大変なことになるので、そういう他の人への配慮は決して忘れてはならんと思っています。

私は上記の材料が自分でも使いやすくてよく使ってますが、人によってはもっと違うもの(スタイロとかサンペルカとか発泡スチロールとか)のほうがぴったりな場合もあると思うので

自分にあった材料
作るものに適している材料


これを意識するのが近道なんじゃないかなー?と。
いわゆるライオンボードはやっぱ、万能なので私は誰にでも一番にお勧めします。笑


今回、いきなり完成品でしたが次は合皮に塗るボンドの量とか2度塗りする理由について書く予定です。
過去の造形支援記事も合わせて読んでもらえればもっと色々分かりやすいと思います^^

もし何か質問などがあれば、コメント欄からお気軽にどうぞー!

ライオンボード同士をくっつける接着剤とその種類

前回の続きです。

ライオンボードについては前回説明したので省略します。
今回は、ライオンボードの特性と、実際ライオンボードを使って何かを作る時に必要な接着剤です。

前回とは別で、ライオンボードで作ったもの、コレ。

艦これ 伊168のリュックはほぼ全部ライオンボードです(一部紙管使ってます)
ちなみにウィッグ結んでる白いやつもライオンボードです。
接着剤もこの記事で紹介してるもの使っています。


【ライオンボード同士の接着】
一番大事なところですが、ライオンボード同士をくっつけるためにはボンドが必要です。
私が使ってるのはG10ボンドです。

ちなみにG17ボンドでもくっつきますが、私はG10ボンドのみです。
「なんでG17じゃないの?」ってよく聞かれるんですが、PH9はG17ボンドだと接着できないので、ライオンボードもPH9も両方接着できるG10ボンドしか使いません。
ライオンボードしか使わない場合はG17ボンドでもいいと思いますが、PH9も使うかもしれないって場合はG10ボンドのほうが無難ですね。

私はPH9使う前からG10ボンドしか使ってませんでした。
理由は参考にしていたサイトに「とりあえずG10にしとけ」と書いてあったからです(・∀・)
なので、G17じゃだめですか?G17ボンドの場合はどうなりますか?と聞かれても実際ほとんど使ってないので答えれないです。
気になる場合は、とにかく一度両方使ってみてそれからどちらがいいか決めるのもいいと思います。

ちなみに私はこの1キロ缶サイズ〜1.5キロのしか使わないですが、そんなにいっぱいいらないという場合はチューブタイプもちゃんとあります。

割安なのはもちろん缶タイプです。でも正直1キロって結構量あるので、最初はチューブを使ってみて、チューブ3つ以上使う場合は缶に切り替えてもいいかなーと思います。あくまでも目安ですが。

G10ボンドはライオンボードに直接塗装する時の下地としても使えるのでいっぱいあって損はないんですけど、開封したらどんどん劣化してくるので劣化した分は捨てるぐらいの覚悟で使うのが1キロ缶。まぁ2週間ぐらいなら特にそこまで問題ないです。


★ちょっと寄り道。開封後のドロドロっとしたボンドをサラサラにするには?
これ!
夏場は特に大活躍!ボンドすぐドロドロしてきてイライラする時はGうすめ液を入れて混ぜれば元に戻ります。

ちなみにサラサラのボンドをこれ使って薄めて塗装下地にも使えます。劣化してきたドロドロのやつを薄めず下地にするのは塗りにくくて難しいので、缶でボンドを買う場合はこのGうすめ液もあると無駄がなくなります。
何よりこのGうすめ液のいいところは く さ く な い !
ラッカーうすめ液でボンド薄めるっていうのもよく聞きますが、私は本当にあのラッカーうすめ液のシンナーくささがダメで頭が痛くなって仕方ないのでGうすめ液使います。大好き('∀'●)

★ボンド薄めたら接着力も弱くなるのでは?
薄めたらサラサラになるので塗りやすくなります。2度塗ればいいだけです。
ドロドロ状態のボンドを無理に塗ろうとするよりも、おとなしく薄めて塗りやすい状態でムラなく塗るほうが重要なのと乾きも早いので、薄める分にはそんなに問題ないです。
むしろドロドロのまま使うほうがうまくいかない原因にもなるので、結構な量使うとか、合皮貼る場合はGうすめ液あったほうが安心です。私は必ず使ってます。


だんだん長くなってきたので実際の接着方法と他に使えるボンドについては続きに。
G17の場合は想定してませんので、もし私が書いている方法そのままやろう!という場合はG10ボンドをお勧めします。
ただライオンボードならG17でも問題ないです。
全く使ったことがないわけではないですが、缶で何個も消費したことはないのでそこだけはご了承を!


続きを読む >>

ライオンボードとは?

コスプレ造形支援記事、あんまり書けてませんでしたが久々の更新です(・∀・)

最近ライオンボードの接着剤について色々と話をすることが多かったんですが
検索したらまぁ出てくるけど一応順を追って書くなら接着剤から書くほうがいいかなー?
ということで、今回はめちゃくちゃ当たり前で書くことすら忘れてたことを書いていきます。
ある程度造形したことある人は「そんなことわかってるわ!」と思うようなことですが笑

ということで、今回はライオンボードとはなんぞ?がテーマです
まずはライオンボードを使って作ったものを。

矢印のこの顔部分はライオンボードで作ってます。
ライオンボード、接着剤とかその接着剤の使い方しっかり守ってやればかーなーりー幅広く使えるのでめっちゃくちゃ便利です。

もちろん熱加工すれば曲げがった形状のものも簡単に(・∀・)!

これは作ったのかなり前ですが、これも全部ライオンボードです。
こっちは熱加えて曲げたりもしてますが、接着剤は全て今も同じものを使ってます。

そんなライオンボードってコレです↓



今は「コーヨーソフトボード」が正式名称です。
名前が変わってからもう結構経つんですが未だにライオンボードと呼んでる人が多いです(私も含めて)が、ライオンボードとして売ってるところはもう今はないんじゃないでしょうかね?
ちなみに名称が違うのは、単純に出してるメーカーごとにちょっとずつ名前が違うだけです。

最近だとコスプロップさんのリアラボードのほうが通販では手に入りやすくて種類も多いかな?と思いますが、これもいわゆるライオンボード。



Amazonでも取り扱いあるんですねー!
ちなみに私はコスプロップさん、かなり重宝してるので色々な種類見たい方はコチラから→http://www.rakuten.ne.jp/gold/cosprop/


で、ライオンボードとは一体どんなもの?厚みはどれがいいの?とか色々あると思いますが
100均に売ってるカラーボードとライオンボード、何が違うの?っていう疑問持ってる人が結構多いんだなーと思ったので、その差もついでに。
細かいところは省略してとりあえずの知識として知っておいたほうがいいことだけ書いてます。細かいことは材料名で検索してみてください。


・ライオンボード(リアラボード、コーヨーソフトボード)
シンナーの入ったボンド(G10ボンド、G17ボンド)を使っても溶けない
油性ラッカーで塗装しても溶けない
やわらかくて弾力性がある、曲げても折れない
つまり、ライオンボードと発泡スチロールは別物です。

・100均に売ってるカラーボード、スタイロフォーム
いわゆるスチロール素材なので、油性塗料、シンナーで溶けます。
弾力性がなくて曲げると折れる。
ということで、こっちが発泡スチロール系です。


発泡スチロールといえばかさ高いけど軽くて梱包剤にもよく使われてますが、あれは100均に売ってるカラーボードやスチロールのボード。
同じく100均で手に入るものでライオンボードとよく似た素材のものはEVAボードです(これは別途記載します)

どちらがいいとか悪いでなく、まず「材料として全く別のもの」です。
なので用途によって使い分ける必要があります。
なんでもライオンボードのほうがいいわけでもありませんし、時にはG10ボンド使わずに発泡スチロール系を選ぶほうがいいってこともあります。
人によってはG10ボンドのにおいが体に合わないとかもありますし、発泡スチロールのほうが手に入りやすい環境だったりしますし、そこは自分で色々使ってみて合うものを探してみるのが一番です。

ここでひとつ。

とりあえず何でも使ってみる

これが何よりのポイントです。何でも1回は使ってみる。
使ってみていいか悪いか、自分にあってるかどうかを決めるのが何より重要。
聞いただけ、読んだだけで実物を触ったことがない、使ったことがないと悪い点どころか良いところにも気付けません。
なので気になるなら使う、実際使ってみてから何が自分に合ってるのか決めましょう。


長くなるので、続きに実際購入できる場所とかサイトとか。
造形支援記事、最初にこれ書いておくべきでしたな笑



続きを読む >>

刀剣乱舞とかに出てくるカーブのある防具の作り方

久々の造形支援記事です。
いつも書こう書こうと思ってなかなかできていなかったんですが、刀剣乱舞の防具類(というか和装系の鎧とか防具)がものすごい好みなので、はじめて作る人に参考になればいいなぁーと思いまして。

ということで、今回は脇差の骨喰くん、鯰尾くんの腕についてる防具を製作する時に知っておくと楽なことをまとめてみました。
試しに作った分ですが、コレ。

各パーツは紐を通して固定しています。ボンド接着はしてません。
こういう重なりが多くて紐で固定しているデザインのもの、刀剣乱舞以外でも
戦国BASARAとか無双系にもこういうタイプの防具、よく出てきますが
簡単にいうと、四角いパーツを必要な枚数分切って固定してるだけです。

固定前だと例えばこういう状態。

ちなみに上記画像は全て、熱を加えて曲げています
熱加工については、最後に書きます。

同じ大きさのものが重なってる防具、結構ありますが、全部同じ長方形で型紙を作って、熱で曲げて湾曲させた場合、大きさが揃わないんですね。
曲げ方にもよりますが、同じ大きさだと組み立てた時に横幅が均一になりません。
理由は単純に、重ねた分の厚みがあるからです。
カーブがそこまできつくないものの場合、あまり気にならなかったりするんですが、ほんのちょっとだけ切り出す時に気をつけておくと、見栄えがぐーん!とよくなるよ!という方法を、下手な絵と共に続きに書いてます。

例として、刀剣乱舞の骨喰くんの腕の防具だと思ってください。
作り方の参考にもなるかと思います^^

熱加工の仕方についても一緒に書いておきます。


当記事内で製作しているものは全て自分用ですが、オーダーでの制作もOKです。
ご相談もお気軽にどうぞ^^
続きを読む >>